視力回復コンタクトレンズのメリット@オルソを使うべき理由とは?

オルソケラトロジーを使う理由、選ぶ理由

着けて寝るだけで視力が回復する…という視力回復コンタクトレンズ(オサート、オルソケラトロジー、以下オルソ)。
この眼科治療の先端技術に注目し、レポートしていきます。

 

このページでは、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

 

オルソケラトロジー(オルソ)のメリット

オルソによる視力回復には、次のように、さまざまなメリットがあります。

 

○即効性が期待できる
まず挙げられるメリットは、効果の「即効性」です。
レンズを装着して寝た翌朝から、視力の回復効果が実感でき、翌日から日中は裸眼で過ごせるとされています。

 

 

○手術不要で安心感がある
角膜手術やレーシックなど、今までの視力回復方法は、手術を伴うものがほとんどです。目の手術…となると失敗した際のリスクも大きく、不安感もありますよね。

 

ですがオルソの場合、手術を一切せずに視力を回復できるため、こうした不安感もありません。

 

 

○医薬品(目薬)を使わない
今までの治療方法の場合、視力の低下を抑制するため、目薬(点眼薬)が処方されるケースもあります。
こうした医薬品には副作用の心配もあるほか、アレルギー等の理由により使用できない方もいますね。

 

一方オルソの場合、目薬の使用は必須ではなく、使うとしても、あくまで目の乾燥を防ぐ程度。劇的な作用のある薬は使わなくて良いので、薬学的な安全性も高くなります。

 

 

○やり直しができる(可逆性がある)
従来の視力回復療法(レーシックなど)では、一度手術を行ったら、元の状態に戻すことはできません。従って、手術に失敗した場合や、自分に合わなかった場合でも、そのままになってしまいます。

 

視力回復コンタクトレンズの場合、可逆性があるため、使用を中断すれば元の状態に戻すことも可能です。

 

 

日中を裸眼で過ごせると、できるようになること

日中を裸眼で過ごせるようになると、出来ることが一気に増えますね。

 

例えば、スポーツです。

 

メガネやコンタクトレンズを着用していると、マリンスポーツ、ウィンタースポーツや武道・格闘技などは、危険が高くできません。サッカー、野球、バスケットボールなどの球技も、顔にボールが当たった際の危険が大きいため、あまり推奨されませんね。

 

ですが、オルソによる治療であれば、日中は裸眼でキレイに見えるため、こうしたスポーツも何の不自由なく楽しめます。

 

 

たいへん素晴らしい治療法だと思いますが、反面、デメリットも指摘されています。
このページではメリットのみをご紹介しましたが、オルソのデメリットにも着目し、自分の目やライフスタイルに合うかどうか、しっかり確認しておきましょう。

 

⇒》私がおすすめする視力回復法はコチラから《

 

視力回復コンタクトレンズのメリット@オルソを使うべき理由とは?関連ページ

視力回復コンタクトレンズのデメリット@オルソを使わないほうが良い理由
オルソケラトロジー、オルソといった視力回復コンタクトレンズの持つデメリットをまとめました。テレビが報道しないオルソの危険性とは?知らなかったでは済まない…
視力回復コンタクトレンズの口コミ・体験談@オルソのモニターに参加した感想
視力を回復する、オルソケラトロジー・オサートなどのコンタクトレンズを、病院のモニターで使用した方の感想・体験談・口コミを調べて紹介しています。効果あり?効果なし?目の痛みや副作用の有無など、事例で確認できます。
レーシックと視力矯正コンタクトレンズを比較!どちらのほうが安全?効果的?
視力矯正のコンタクトレンズ(オサート、オルソケラトロジー)と、レーシックとを比較検証しています。メリット、デメリット、特徴、安全性、効果、費用(値段)の相場など、ポイントを比べてみました。
眼科医はどう評価する?視力矯正コンタクトレンズ(オルソケラトロジー、オサート)
オルソに対する、眼科学会やコンタクトレンズ学会の医師・専門家・研究者の評価と評判を調べました。賛否両論があるものの、テレビで報道されるような「夢の視力回復治療」ではない?