子供の学校の視力検査@判定と度数、回復のために家庭で行うこと

学校の視力検査でD判定…度数はどのくらい?

学校での身体検査では、視力検査も行われますね。
大切なお子様の視力が低下していないか、チェックするための貴重なデータになります。

 

ですが、「視力検査結果のお知らせ」はA~Dの判定にわかれており、これだけでは視力の度数がわかりにくいのがネックです。

 

今回は、この判定の解説と、ご家庭で必要な対応について解説します。

 

視力検査結果のお知らせ、判定とその基準

まずは、こちらの表をご覧ください。

 

《視力検査結果の判定表》

A判定 1.0以上 視力に問題はありません
B判定 0.9~0.7 視力が低下してきており、注意が必要です。
C判定 0.6~0.3 教室の後ろの席では、黒板の字が読みにくい状態です。
D判定 0.2以下 教室の前の席からでも、黒板の字が読みにくい状態です。

 

A~Dの視力判定は、このようになっています。
次に、それぞれの判定結果と、ご家庭での対応について解説します。

 

A判定の場合 … 問題はありません

A判定の場合、視力に問題はありません。そのため、ご家庭で特に何かするべき…という状況でもありません。

 

ただし、子供の視力は、低下する時は急激に落ちてしまいます。
目を大切にする生活習慣を、日頃から心がけるように、ご家庭でも気を配っていきましょう。

 

B判定の場合 … ご家庭での環境づくりに注意しましょう

B判定の場合、視力の低下が始まっていると考えて良いでしょう。

・勉強したり、宿題をやるときの姿勢が悪くなっている
・ゲームやテレビの時間が増えている
・勉強机の照明が暗くなっている

といった心当たりがあるなら、すぐに改善が必要です。

 

この段階では、「仮性近視」の可能性もあります。
仮性近視は、目のまわりの筋肉の問題なので、生活環境を整えることで、スピーディな回復も期待できます。

 

C判定の場合 … 眼科へ受診してみましょう

「視力検査結果のお知らせ」用紙には、「C判定以下の場合は、眼科の受診をオススメします」といった旨が書かれていると思います。

 

C判定の場合は、まずは眼科を受診して、目の病気に罹っていないかなどを調べてもらいましょう。

 

病気がなかった場合でも、油断は禁物です。
まずは生活環境をチェックして、目に悪い習慣があれば正していきましょう。

 

眼科でも目薬(ミドリンM)が処方されると思いますが、これで視力の低下が解決することは非常に稀だと言われています。

 

生活環境の改善に加えて、視力回復のマッサージやトレーニングを自宅で取り入れることも、検討してみましょう。

 

D判定の場合 … 今すぐに視力回復に取り組みましょう

D判定の場合、視力はかなり悪くなっています。病気の可能性もあるので、眼科への受診は必ず行ってください。

 

ただ、これといった病気でもなく、視力が落ちてしまっている場合、「回復の見込みはない」とサジを投げられてしまうことも、珍しくありません。

 

現代の西洋医学では、これを回復する“確かな治療技術”は確立されていないためです。

 

それでも、これ以上の悪化を防ぐために、生活環境の改善は必ず行いましょう。

 

それに加えて、何かしら回復の期待できる手段があるとすれば、東洋医学の理論に基づいたマッサージ方法が挙げられます。

 

お近くにこうした技術を持った医師がいなくても、自宅でノウハウを学び、実践できる教材もあります。

 

こうした方法を参考にして、視力回復に勤めていきましょう。

 

⇒子供向けに開発された
おすすめの視力回復法はこちら

子供の学校の視力検査@判定と度数、回復のために家庭で行うこと

 

 

子供の学校の視力検査@判定と度数、回復のために家庭で行うこと関連ページ

ゲーム?勉強?ケータイ?子供の視力が落ちる原因
子供の視力が低下してしまう原因について解説します。テレビ、ケータイ、ゲーム、スマホ、勉強や読書etc…現代っ子の視力低下が社会問題になっている今、家庭で親がやるべき事とは?
親が気を付けたい、子供の近視・視力低下のサイン
こんなサインは要注意!子供の視力の低下に、いち早く気が付くために、家庭で親が気を付けたい3つのサインを解説します。子供の視力低下は急激?早期発見、早期対応が一生を左右します。
自宅で子供の視力を回復するトレーニング@効果的なオススメの方法
子供の視力が低下してしまった…。C判定、D判定で、黒板の字も読みにくい…そんな状態から、自宅で視力を回復できるトレーニング方法はある?オススメの方法を紹介します。
子供に視力回復コンタクトレンズは使えるの?危険性は?
視力回復コンタクトレンズのオサート、オルソケラトロジーは、子供の視力回復にも活用できる?何歳から使用できるのかetc、眼科医の意見や評価を調べてみました。