親が気を付けたい、子供の近視・視力低下のサイン

家の子の視力、大丈夫?子供の視力低下を防ぐための注意点

子供の視力低下が広まり、社会問題になりつつある昨今。
あなたの大切なお子様は、大丈夫でしょうか?

 

ほとんどのご家庭の場合、視力を検査するのは、学校での視力検査だと思います。

 

ですが、特に子供の視力低下は、進行が早いのが特徴。
春や秋の視力検査でA判定でも、気が付いたら視力が急激に低下してしまい、次の検査ではC判定、D判定になっていた…なんてことも、珍しくありません。

 

実は私もこのパターンで、視力の低下がわかった時には、子供心に愕然としました。

 

目が良いのが自慢だったのに、いつの間にか目が悪くなってしまっていた…そんな10歳の秋のショックを、大人になった今でも、ありありと思い出せます。

 

 

大切なお子様の視力を守るためには、“学校任せ”では絶対にいけません。
視力低下のサインを見逃さないように、ご家庭で気を配っていくことが大切です。

 

ここでは、そんな視力低下のサインについて、解説していきます。

 

サイン1:姿勢が悪くなっている

これは、すぐに改善が必要なサインの一つです。

 

視力が低下しているので、よく見ようとして顔を近づける
その結果、姿勢が猫背になる
⇒⇒見る距離が近くなるほか、血行も悪くなり、さらに視力が悪くなる
⇒⇒⇒より見えにくくなるので、さらに顔を近づけ、姿勢がもっと悪くなる

 

このように、姿勢が悪くなることは、視力低下の負のサイクルになります。

 

 

「背筋を伸ばしなさい」と言ってきかせることが、まずは大切ですね。
椅子や机の高さが合っているか等、環境にも注意してあげましょう。

 

 

サイン2:何かを見るとき、目を細めている

こちらも、目が見えにくくなっている重大なサインです。
目を細めると、「ピンホール効果」という光学作用が発生し、少しだけ見えやすくなります。

 

逆に言えば、「目を細めなければうまく見えないほど、視力が低下している」ということです。

 

遠くを見る時は誰でも目を細めますが、近い距離にある看板を読む時にも目を細めているようなら、要注意です。

 

室内で、少し離れた場所からテレビを見る時にも、目を細めているようなら、視力は急激に低下していると判断して良いでしょう。

 

 

サイン3:目をこすることが多い

お子様の様子を見て、「最近、よく目をこすっているな」と心当たりがある場合、早めに眼科を受診しましょう。

 

視力が低下すると、目のまわりの筋肉が疲れやすくなります。そのため、無意識に目をこすってしまうんですね。

 

放置しておくと、こすることで負担が掛かり、さらに視力が低下し…という、悪循環に陥ってしまいます。

 

また視力低下の他にも、結膜炎などの疾患で、痒みや目ヤニに悩まされている恐れもあります。

 

目に異常があることを示すサインなので、必ず眼科を受診しましょう。

 

⇒子供向けに開発された
おすすめの視力回復法はこちら

親が気を付けたい、子供の近視・視力低下のサイン

 

 

 

親が気を付けたい、子供の近視・視力低下のサイン関連ページ

ゲーム?勉強?ケータイ?子供の視力が落ちる原因
子供の視力が低下してしまう原因について解説します。テレビ、ケータイ、ゲーム、スマホ、勉強や読書etc…現代っ子の視力低下が社会問題になっている今、家庭で親がやるべき事とは?
子供の学校の視力検査@判定と度数、回復のために家庭で行うこと
学校の視力測定での判定結果と、家庭で行うべき対応について解説します。子供の視力低下を防ぎ、これ以上悪化させないために、また回復のために、今すぐやるべきこととは?
自宅で子供の視力を回復するトレーニング@効果的なオススメの方法
子供の視力が低下してしまった…。C判定、D判定で、黒板の字も読みにくい…そんな状態から、自宅で視力を回復できるトレーニング方法はある?オススメの方法を紹介します。
子供に視力回復コンタクトレンズは使えるの?危険性は?
視力回復コンタクトレンズのオサート、オルソケラトロジーは、子供の視力回復にも活用できる?何歳から使用できるのかetc、眼科医の意見や評価を調べてみました。