子供の視力回復は自宅でできる?「もう治らない」と言われた場合は…

子供の視力が低下してしまった…この悩み、解決できる?

近年、子供の視力低下が問題となっていますが、あなたのお子様は大丈夫でしょうか?
きっと、何か気になる心当たりがあって、当サイトにお越し頂いた方が多いと思います。

 

「学校の視力検査でD判定だったけど、大丈夫?」
「子供の視力って、すぐに落ちるっていうけど本当?」
「子供でも自宅でできる、視力回復のトレーニングって無い?」

 

そんな、大切なお子様の“視力の悩み”に、お答えしていきます。

 

子供の視力が低下している

 

視力低下は、人生を左右する“一生の問題”

視力の低下は、一生を左右するほど大きな問題です。
メガネやコンタクトレンズがなければ日常生活に支障が出てしまうのは、それだけで大きな負担になります。
特に子どもの場合、学校で友達から「眼鏡キャラ」「がり勉」と揶揄されて、心の傷を負ってしまう恐れもあります。子供時代の心の傷は、それこそ一生残るコンプレックスにも、なりかねません。

 

ですから、「視力が落ちてきたんじゃない?」と少しでも心配が出てきたら、すぐに対応していくことが必要です。

 

 

まずは原因究明。病院で検査を

「目のあたりを気にして触っている」
「遠くを見るとき、目を細めている」
「本を読んだり勉強するとき、顔を近づけすぎている」

 

こうした行動は、視力低下の兆候(サイン)です。
もしお子様にこうした行動が見られた場合、まずは眼科クリニックに連れていきましょう。

 

視力低下の原因には、網膜炎や「ものもらい」など、病気が関係している場合もあります。
病気による視力低下と、そうでない視力低下(眼精疲労、目の使い過ぎなど)とでは、対応もまったく異なってきます。

 

もしも病気が原因の場合は、病院でしっかりと治療してもらわなければいけません。
病気が原因にも関わらず、自宅での視力回復トレーニングばかりをしていると、効果が出ないどころか、むしろ悪化してしまいます。
目の神経は脳につながっているので、目の病気を放置した結果、脳障害が出てしまう恐れすらあるんです。

 

ですから、まずは病院で検査してもらい、「病気の可能性」があるかどうかを確かめましょう。

 

 

病気が原因でなかったら、自宅でのトレーニングを

視力低下の原因が病気でなかった場合、ほとんどの病院やクリニックでは、それ以上の治療行為は行われません。眼鏡やコンタクトレンズを勧められて、それでお終いです。

 

ですから、その後は自宅で視力回復トレーニングに取り組む必要があります。

 

「遠くを見る」
「パソコンやスマホ、ゲームをやりすぎない」
「暗いところで読書や勉強をしない」
「夜更かしを控えさせる」

 

といった、“視力を落とさない工夫”から始めましょう。
ですが、それだけでは劇的な視力回復は望めないことがほとんど。

 

ですから、視力回復に特化したトレーニング…特に子供向けのプログラム…を実践するのが望ましくなります。

 

 

病気が原因でないのなら、視力低下は、「眼球をコントロールする筋肉が、うまく動かせていない」ことが原因です。

 

たとえば腕や足の筋肉は、鍛えれば運動能力もコントロール能力も高まりますよね。
同じように目の筋肉も、鍛えれば能力を高めることができます。

 

実際に、優れた視力を求められるスポーツ選手やF1パイロット、航空機パイロットなども、視力トレーニングを取り入れています。

 

こうした方法を、子供向けに、家庭でも実践できるように考案された、特別なトレーニング方法も広まっています。

 

当サイトでもご紹介していますので、まずはコチラからチャレンジしてみてくださいね。

 

⇒子供向けに開発された
おすすめの視力回復法はこちら

子供の視力回復は自宅でできる?「もう治らない」と言われた場合は…

 

 

子供の視力回復は自宅でできる?「もう治らない」と言われた場合は…記事一覧

近年、子供の視力低下が大きな問題となっています。文部科学省の学校保健統計調査によると、平成26年度の結果で、幼稚園児の約26%、小学生の約30%、中学生の約53%、高校生の約62%が「視力1.0未満」となっており、その割合は年々増え続けています。小学生の3人に1人、中学生以上の2人1人…と考えると、本当に子どもの視力低下は、大きな社会問題なのだと実感します。いったい何故、このような状況になってしま...

学校での身体検査では、視力検査も行われますね。大切なお子様の視力が低下していないか、チェックするための貴重なデータになります。ですが、「視力検査結果のお知らせ」はA~Dの判定にわかれており、これだけでは視力の度数がわかりにくいのがネックです。今回は、この判定の解説と、ご家庭で必要な対応について解説します。視力検査結果のお知らせ、判定とその基準まずは、こちらの表をご覧ください。《視力検査結果の判定表...

子供の視力低下が広まり、社会問題になりつつある昨今。あなたの大切なお子様は、大丈夫でしょうか?ほとんどのご家庭の場合、視力を検査するのは、学校での視力検査だと思います。ですが、特に子供の視力低下は、進行が早いのが特徴。春や秋の視力検査でA判定でも、気が付いたら視力が急激に低下してしまい、次の検査ではC判定、D判定になっていた…なんてことも、珍しくありません。実は私もこのパターンで、視力の低下がわか...

さまざまな事情により、お子様の視力を、自宅で回復したい…という場合もありますよね。今回は、そんな場合に役立つ、自宅での視力回復トレーニングについて解説していきます。視力低下が明らかになったら、一度は眼科の受診を最初に一点だけ、注意事項をお伝えします。学校の検診などで、視力の低下が明らかになった場合、一度は眼科を受診しましょう。視力回復を自宅で行う方法もいくつかありますが、「疾患を伴わない視力低下」...

オルソケラトロジー、オサートなどの視力回復コンタクトレンズは、子供にも使えるのでしょうか?どのくらいの年齢から使用できるのか、また危険性はないのか等、調べてみました。視力回復コンタクトレンズは、何歳から使える?睡眠中に装着するだけで、日中の視力が回復する「視力回復コンタクトレンズ」。オルソケラトロジー、オサート、「オルソ」と呼ばれることもありますね。比較的新しい治療法ですが、レンズとしては、“特殊...