視力回復の目薬@薬局の点眼薬で視力は戻る?戻らない?

薬局の目薬に視力回復の効果はある?

このページでは、視力回復が期待できる目薬(点眼薬)について解説していきます。

 

日々開発が進む、視力回復目薬

目薬によって視力の回復を促す治療技術も、日々研究が進められています。

 

15年ぶりの新薬となったジクアス点眼液(参天製薬)は、「P2Y2受容体」という神経細胞に作用し、視力を回復するもの。
他にも、角膜の炎症を修復するムコスタ点眼液(大塚製薬)なども登場しています。

 

こうした目薬は副作用への注意も必要なことから、市販はされておらず、医師による処方のみで利用できます。

 

一方、誰でも手軽に購入・利用できる市販の目薬にも、ある程度の効果が期待できるものがあります。
眼精疲労などにより、一時的に目のピント調節機能が乱れてしまっている…といった程度であれば、市販の目薬でも、改善がみられる場合もあるようです。
市販の目薬の費用は、安いもので1000円前後から。効果を求めると、それなりに値段も高くなっていきます。

 

 

視力回復目薬の評価 … 効果はまちまち?個人差あり

視力回復が目薬でできるかどうかは、個人差や、視力低下の原因にもよります。
一時的な眼精疲労やドライアイが原因の場合は改善が見られるものの、それ以外の場合は、さほど効果が期待できない…といった評価のようです。

 

目薬の種類によって、視力を回復するメカニズムも違うので、自分に合ったものを使うのが一番良いでしょう。

 

また、市販の目薬に比べて、医師の処方する目薬のほうが効果が高くなっています。

 

市販品で効果が感じられなかった場合は、クリニックで相談してみましょう。

 

 

私の感想…まだまだ研究途中?今後に期待大!

「目薬だけで視力が回復できれば、本当にラクで良さそう」と思っていますが、まだまだ現実的には難しさもあるのかな?と思っています。

 

現在でも、目や視力の治療に目薬が使われる(処方される)こともありますが、それだけで劇的に視力を回復できるか…というと、そうでもないようです。

 

とはいえ、研究が進んでいるのは確かなようですね。

 

本当に目薬だけで視力が回復できれば、痛みやストレスのない視力治療が実現されるのでは…と、思います。

 

新薬も登場しており、今後のさらなる発展に期待したいところですね。

 

⇒》私がおすすめする視力回復法はコチラから《