レーシックで視力が良くなる?効果や危険性、治療の費用

レーシックの視力回復効果や安全性・危険性

このページでは、レーシックの概要について説明します。

 

レーシックとは

マキシレーザーと呼ばれる特殊な光線を瞳に照射し、角膜を削って曲率を調整します。
瞳の曲率が変わるため、光の入り方が変わり、見え方が変化します。

 

適切な検査結果をもとに、適切な調整を行えば、大いに視力改善が期待できます。
一方、検査の精度が落ちてしまったり、調整を間違えたりすると、効果がなかったり悪化してしまうこともあります。

 

また、角膜を削るため、ある程度の丈夫さ(厚さ)のある、健康な角膜を持っていることが条件になります。
目の病気に罹患している場合など、技術的な問題でレーシックを受けられない場合もあります。

 

費用はおおよそ10万円~25万円程度が相場とされています。

 

 

レーシックの評価…有名な方法だが、正しい知識も必要

視界がクリアになり、裸眼でもキレイに見えるようになる等、視力の悩みの解決方法として大きな注目を集めています。
ただし、費用が比較的高額であることや、失敗しても元に戻せないリスクもあり、「夢の視力回復方法」とは呼べないのが実態です。

 

レーシックにより裸眼視力を取り戻す方もいれば、ほとんど効果が感じられない方もいます。
また、失敗して視覚障害を負ってしまう医療事故なども発生しており、慎重な姿勢を取っている医師もいます。

 

芸能人や有名人を起用したプロモーション(宣伝)キャンペーンが大々的に行われることもあり、多くの人が利用しています。
その一方、正しい知識や失敗した際のリスクを知らずに施術を受けてしまうケースもあるようです。

 

 

私の感想…レーシックは「最後の手段」?

レーシックは、目の病気でなく、単純に視力が落ちてしまった…という方の視力回復方法ですね。
効果的ではありますが、費用が高額で、おまけに失敗した場合のリスクも高いので、ハイリスク・ハイリターンだと思います。

 

いきなりレーシックを受けるのではなく、まずは別の方法で視力回復に取り組み、どうしてもダメなら検討する…という考え方のほうが、安全性が高いように思います。

 

⇒》私がおすすめする視力回復法はコチラから《