角膜移植手術とは@手術の概要、治療・視力回復の効果

角膜移植手術を徹底解説!目の健康のために知りたいこと

このページでは、角膜移植の手術について解説します。

 

角膜移植手術とは

お亡くなりになった方から、健康的な角膜を頂き、病気になってしまった角膜と取り換える移植手術です。
視力回復の方法というより、角膜の病気の治療と言ったほうが適切です。

 

角膜が濁ってしまう角膜ジストロフィー、角膜ヘルペス、角膜班・角膜白斑、水泡性角膜症などの治療として、技術的にも確立された方法です。
デリケートな瞳の手術なので、高度な技術と豊富な経験を持った、ベテラン医師の執刀が望ましいですね。

 

手術費用は15万円~30万円程度ですが、これと別に、術前術後の医療費や、移植角膜の費用なども掛かるため、トータルでは50万円~100万円ほど見積もっておく必要があります。
また、角膜の提供を国内で受けるか、海外から受けるか…等の違いにより、費用も異なってきます。
その他、個人個人によって必要な治療のステップも異なるため、費用、期間、成功率などもケース・バイ・ケースです。

 

 

角膜移植手術の評価…90年以上の歴史を持つ、確立された治療技術

角膜疾患の治療方法として、1924年ソ連のオデッサ大学のフィラトウ教授によって確立された技術です。
以来、世界中で90年以上の実績があり、一般的に広く有効性が認められている治療法だと言えるでしょう。

 

死後、角膜を提供するドナーとして、生前に登録する「アイバンク」も広がりを見せており、国内の献眼登録者数は140万人以上に登ります。
ただし、ドナーとクランケ(患者)との相性が合わないと、拒絶反応が起きてしまう場合もあるため、「誰にでも移植できる」「誰からも移植してもらえる」とはいきません。

 

現在も国内約3000人の患者が、自分の目に合う角膜の提供を待っています。

 

 

私の感想…健康な瞳が、いつか誰かの助けになる

角膜移植手術は、目の難病の治療に用いられる技術です。
「視力が落ちてきたから回復したい」という悩みの解決法ではありませんが、とても大切な問題だと思うので、ここで紹介させて頂きました。

 

目の健康を生涯にわたって維持し、アイバンクへのドナー登録をしておけば、私たちの目も、いつか誰かの助けになるかもしれません。
健康的で安全な方法で、瞳をケアすることが、自分の死後も、誰かの力になれる…。

 

そう考えると、視力回復も、安全・安心・健康を第一にしていきたいと、想いを強くします。

 

⇒》私がおすすめする視力回復法はコチラから《