どれが一番効果的?視力が回復する方法を総まとめ一覧

視力回復の方法・やり方を総合まとめ!自分でできる方法はある?

ここでは、さまざまな視力回復の方法について、特徴や概要をまとめていきます。
どんな方法があるのか、自分にはどれが合っているのかなど、検討の参考にお役立てください。

 

総まとめ!視力回復の方法一覧

○視力回復コンタクトレンズ(オルソケラトロジー、オサート)
費用:24万円=38万円
通院:必須
利用方法:医師による治療・処方

 

睡眠中に装着する特殊なコンタクトレンズです。
レンズの凸凹により、角膜の表面の形を整え、曲率を変えることで見え方(光の入り方)を調整します。

 

昼間は裸眼でクリアに見えるようになりますが、夕方から夜にかけて視力は元に戻ってしまうため、継続使用が前提となります。

 

 

○レーシック手術
費用:10万円~25万円
通院:必須
利用方法:病院・クリニックでの施術

 

角膜に特殊なレーザー光線を当て、表面を削ることで曲率を変え、見え方を調整します。

 

かんたんな検査と施術で視力を回復できる反面、万が一失敗した場合にやり直し・修正ができないことや、後から角膜に異常が出てしまう場合もあります。

 

 

○角膜移植手術
費用:50万円~100万円
通院:必須(入院)
利用方法:医師による手術

 

亡くなった方から頂いた角膜を、病気の角膜と交換する手術です。角膜変形・角膜混濁による視力低下の治療として、確立されている技術です。

 

角膜ジストロフィー、角膜ヘルペス、角膜班・角膜白斑、水泡性角膜症、円錐角膜などの病気の治療に用いられます。

 

 

○目薬(点眼薬)
費用:1000円~1万円
通院:推奨~必須
利用方法:薬局で購入、または医師による処方

 

目薬で視力を回復する方法です。
薬局で個人で購入できるものは、軽い眼精疲労の回復に役立つ程度で、劇的な効果はないものの、副作用の心配もさほどありません。

 

医師の治療として処方される目薬は、市販薬よりも優れた効果が期待できます。

 

 

○サプリメント
費用:3000円~25000円
通院:推奨
利用方法:個人で購入し飲用、またはサプリメント外来などにて処方

 

ポリフェノールなど、目の健康に良いとされる成分を使ったものが主になります。
効果はあくまで、眼精疲労の回復や、視力低下の予防といった程度に留まるのが一般的です。

 

 

○視力回復アプリ
費用:0円~
通院:不要(推奨)
利用方法:アプリをインストールし個人で利用

 

視力回復のトレーニングを補助するスマートフォンアプリです。
無料~比較的安価に手に入り、気軽に実践できます。
ただし、画面を長時間見ること自体、目にはあまりよくありません。

 

 

○視力回復動画
費用:0円~
通院:不要(推奨)
利用方法:動画サイト、映像ソフト(DVD)の購入で入手し、視聴する

 

視力回復のトレーニングを補助する映像や、画像が表示されます。
こちらも気軽に実践できますが、画面を見ることで目にかかる負担にも、配慮が必要です。

 

 

○視力回復(立体視)画像
費用:0円~
通院:不要(推奨)
利用方法:WEB、書籍などで入手し観覧する

 

視力回復効果があるとされる、立体視画像です。
焦点をずらすことで立体的な画像が浮かび上がるよう、特殊な加工がされています。
ただし、その回復効果には疑問の声も多く、あくまで予防的なものと捉えたほうが良いでしょう。

 

 

○目のマッサージ(セルフ)
費用:0円~2万円
通院:不要(推奨)
利用方法:マッサージ方法をWEB、DVD、書籍などで学び実践する

 

目のまわりの筋肉をほぐしたり、血流を整えることで、視力の回復を試みる方法です。
正しく実践すれば効果も期待できますが、間違った方法で行うと、目を傷めたり、角膜を損傷してしまう恐れもあります。

 

医師や整体師などの専門知識に基づいた方法が推奨されます。

 

⇒》私がおすすめする視力回復法はコチラから《

 

どれが一番効果的?視力が回復する方法を総まとめ一覧記事一覧

このページでは、レーシックの概要について説明します。レーシックとはマキシレーザーと呼ばれる特殊な光線を瞳に照射し、角膜を削って曲率を調整します。瞳の曲率が変わるため、光の入り方が変わり、見え方が変化します。適切な検査結果をもとに、適切な調整を行えば、大いに視力改善が期待できます。一方、検査の精度が落ちてしまったり、調整を間違えたりすると、効果がなかったり悪化してしまうこともあります。また、角膜を削...

このページでは、角膜移植の手術について解説します。角膜移植手術とはお亡くなりになった方から、健康的な角膜を頂き、病気になってしまった角膜と取り換える移植手術です。視力回復の方法というより、角膜の病気の治療と言ったほうが適切です。角膜が濁ってしまう角膜ジストロフィー、角膜ヘルペス、角膜班・角膜白斑、水泡性角膜症などの治療として、技術的にも確立された方法です。デリケートな瞳の手術なので、高度な技術と豊...

このページでは、視力回復が期待できる目薬(点眼薬)について解説していきます。日々開発が進む、視力回復目薬目薬によって視力の回復を促す治療技術も、日々研究が進められています。15年ぶりの新薬となったジクアス点眼液(参天製薬)は、「P2Y2受容体」という神経細胞に作用し、視力を回復するもの。他にも、角膜の炎症を修復するムコスタ点眼液(大塚製薬)なども登場しています。こうした目薬は副作用への注意も必要な...

このページでは、視力を回復するサプリメントについて解説していきます。視力回復サプリメント…どんな成分が使われるの?医薬品ではありませんが、サプリメントで視力を回復する方法も登場していますね。ブルーベリーのサプリが有名ですが、これはベリー類に含まれるポリフェノールの効果を期待できるもの。ポリフェノールには神経疲労を回復する働きがあり、視神経や、目のまわりの筋肉の緊張を解きほぐすことも望めるからです。...

このページでは、視力回復アプリについて解説していきます。アプリで視力が回復する?視力回復アプリとは視力の回復を目的としたスマートフォンアプリも、多数登場しています。こうしたアプリには、いくつかのタイプがあります。(1)眼球運動を促し、視力をトレーニングするものゲーム感覚で楽しみながら、眼球運動を促して、目のピント合わせ機能をトレーニングしていくアプリです。瞬間記憶ゲーム、動体視力を鍛えるアクション...

このページでは、視力回復動画について解説していきます。動画で視力が回復する?視力回復動画とは視力の回復を目的として作られた動画です。大きく分けて、以下のようなジャンルがあります。(1)画面上のマーカーを目で追いかける画面上を動き回るマーカーを目で追いかけ、眼球運動をトレーニングする動画です。視力回復動画(2)立体視映像目の焦点を調整すると立体に見えるよう、特殊に加工された映像です。目のピント合わせ...

このページでは、視力回復の立体視画像について解説します。立体視画像で目が良くなる?その原理とは立体視画像とは、目のピントをずらすことで、浮かび上がって見える画像です。主に、以下の2種類があります。・微妙に異なる2枚の画像を左右に並べたもの・一見するとただの模様(ノイズ)だが、焦点をずらすと意味のある画像が浮かび上がるものどちらも、目の焦点をずらすことが、画像を見る際のポイントとなります。これにより...

このページでは、目のマッサージや体操で視力を回復する方法について、概要を解説します。マッサージで目が良くなる?視力の回復、視力低下の予防のためのマッサージは、さまざまな方法が考案されています。・目のまわりの筋肉(外眼筋、毛様体筋)をほぐす・血行・代謝を良くする・まぶたの腫れをほぐす・目のまわりを温める(温感法)といった仕組みで、目の健康を高め、視力を整えていく方法です。リンパや血液の流れ、神経系に...